パワースポットトップ > スポンサー広告 > 神社におけるマナーパワースポットトップ > マナー > 神社におけるマナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップ画面へ

  1. スポンサー広告

神社におけるマナー

毎年、お正月になると初詣に行く人は多いかと思いますが、参拝方法など神社参りにおいてのマナーを知らない人は結構多いです。そこで、参考までにマナーについて書いていきたいと思います。

★鳥居について
・鳥居は必ずしもくぐらなければならないというわけですが、くぐる時は一礼するようにしましょう。
・中央部分を通るのは避けましょう。鳥居や神殿の中央部分は『正中(せいちゅう)』と呼ばれ、神様が通る道とされています。
・左側を通る時は左足から、右側を通る時は右足から進みましょう(神様にお尻を向けないためです)

★手水舎での手の清め方ついて
①まずは右手で柄杓に水を取り、左手を清めます。
②次に柄杓を持ち替え、右手を清めます。
③左手に水をとって口をすすぎます。(※柄杓に直接口をつけるのは避けましょう
④使った左手をもう一度洗います。
⑤最後に残った水で、柄杓を手前に立てるようにして柄の部分を清め、伏せて戻しましょう。
※水を汲むのは最初の1回だけなので注意してください。

★参拝方法について
①御賽銭をそっと入れます※神様に対して失礼なので、決して投げ入れたりしないでください
②深く2回お辞儀をします。(二礼)
③拍手を2回打ちます。(二拍礼)※右手をちょっと下げるのがよいとされています。
④両手を合わせて、心の中でお祈りします。※まず参拝のお礼を述べてから、神様に語りかけましょう。
⑤最後に深いお辞儀を1回します。(一礼)
※例えば、出雲大社では二礼四拍手一礼が礼拝作法であるように、格式の高い神社の中には独特の礼拝作法をを取っているところもありますので注意してください。また、参拝する時は神様への敬意を表すためにも手荷物は地面や台などに置いたほうが良いと思われます。但し、貴重品は手元から離さないように注意しましょう。

★おみくじについて
・おみぐじの吉凶の順番は良い方から
  大吉⇒中吉⇒小吉⇒吉⇒末吉⇒凶⇒大凶
・おみくじは、神様から聞きたいことを頭の中で念じながら引くとされているので、聞きたいことが複数あれば、その分おみくじを引いても問題ありません。しかし、大吉が出るまで引くなどはやめましょう。神様のお言葉を無視することと同じです。
・おみくじは、基本的には持ち帰りましょう。大吉など良い結果の時だけ持ち帰るという人もいますが、とくに決まりはありません。やってはいけないのは、神社の木に結んで帰ることです。結んで帰る場合は指定された場所に結びましょう。
・おみくじは、吉凶の占いだけ見る人がほとんどですが、大事なのは内容です。神様のメッセージです。結果が悪いからといって何も見ずに結んで帰る人もいますが、そこにはどのようにすべきか、神様のアドバイスが書かれています。必ず内容を吟味しましょう。
・持ち帰っておみくじは、御守りではないので内容を吟味した後は捨てても構いません。
トップ画面へ

  1. マナー
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<北海道 | ホーム | 高千穂神社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://poweruper565.blog24.fc2.com/tb.php/51-8a58d173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。